2019-01-16小正月 どんど焼き

 

 

 

正月 松の内を終えた先日、地域でどんど焼きが行われました

 

 

 

 

 

無病息災、家内安全を祈願する日本に古くから伝わる行事

 

 

 

役目を終えた正月飾りやお神札を燃やし、その火で焼いたお団子を食べると

一年病気をしないと言い伝えられているそう

 

 

 

 

 

 

目の前で大きく燃え上がる炎

 

古より脈々と続く日本の文化、自然に対する畏敬の念を改めて感じました

 

 

 

 

 

 

また、どんど焼きは、高く昇る煙に乗せて歳神さまを天へお送りする

という意味も込められています

 

 

 

 

 

小雨の降る中、ご近所の方たちも多く集まり賑やかなうちに執り行われました

 

 

 

 

今年一年、平穏無事に過ごせるようにと祈りを込めて