2018-07-13うつわ / 赤木明登

 

日が高く昇り始めるころ

辺りに響き渡る蝉しぐれ

 

いよいよ夏の盛りへと、季節は移ろいます

 

 

今回は、味で扱わせていただいている塗師・赤木明登さんのうつわのご紹介です

 

 

 

輪島塗で有名な 石川県輪島市で作家活動を行う赤木明登さん

 

扱いづらい漆器ではなく、

使える「ぬりもの」を制作されています

 

 

 

 

 

柔らかな質感

 

あたたかな光

 

 

表面の仕上げに和紙を用いることで

マットな手触り、そして、従来の漆器よりも傷つきにくい強度性をもっています

 

 

 

 

 

手で、口で触れて

 

心地よく、なじみやすい漆の感触

 

 

どうぞお手に取ってご覧ください

 

 

 

 

 

秋には赤木さんの個展を形にて開催する予定です

詳細については随時HPやダイレクトメールにてお知らせいたします

 

こちらもぜひ足をお運びください