7月29日(土)、30日(日)と2日間行われる夏祭り

 

その中で、29日(土)に行われる線香花火のワークショップのご紹介をいたします。

 

今回のワークショップでは、和火師 佐々木厳さんにお越しいただき、

お話を交えながら線香花火をお作りいただけます。

 

和火とは、日本の伝統的な花火の総称で、

主にオレンジ色の炭の火の粉の花火のことです。

 

そのやさしい光は、心を穏やかにし、気持ちを静めてくれます。

 

普段、生活を営む中で灯る火が、

あたたかく、美しいものであることを

見つめ直すきっかけに

 

という思いから、佐々木さんは花火づくりと並行して

ワークショップも多く開催されています。

 

 

 

7月29日(土)

会場 evam eva yamanashi 形

 

第一部(お子様向け)

時間 15:00~(所要時間40分程)

料金 1,500円+tax(1drink、お土産付)

対象 小学生(親子参加の場合、小学生以下も可)

内容 お子様向けの簡単な線香花火づくり

定員 10名様

 

第二部(大人向け)

時間 17:00~(所要時間90分程)

料金 2,500円+tax(1drink、お土産付)

対象 中学生以上

内容 お話と線香花火づくり

定員 10名様

 

お申込み方法

 

電話でのお申込み

evam eva 色 tel:055-267-8341 までご連絡ください。

 

メールでのお申込み

件名「ご希望のワークショップ名」、お名前、電話番号、ご希望のお時間、ご予約人数をご記入の上

event@evameva.com までご連絡ください。

各回、定員になり次第募集を締切させていただきます。ご了承ください。

 

みなさまのご予約、お待ちしております。

 


2017-06-30夏祭り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017-06-25盆栽

 

 

本格的な夏の訪れにむけ、季節の移ろいを感じる日々が続いております。

 
いつもの暮らしの中に植物を招きいれることで、日常に少し変化が生まれるかもしれません。

 

 

 

 

 

夏展の期間中、店舗に並んでいる盆栽はひとつひとつ違った植物でご用意しており、それぞれが個性的で味わい深い佇まい。

 

その一部を今回ご紹介します。

 

 

 

 

クロマツ  3,800円(+税)
松のなかでも黒っぽい樹皮をしており、別名「男松」とも呼ばれ、門松などにも使用されます。
ふっくらとした苔の柔らかな曲線と、すっと伸びた松葉のコントラストが印象的です。
4月の芽摘みや7月には葉切りを行うなど、季節に合わせて手を加え、植物の成長を楽しんでいただけます。

 

 

 

 

レンギョウ  5,000円(+税)
青々と茂った葉がこの季節目に眩しいレンギョウですが、季節が巡り3月頃には一転、濃い黄色の花を付けます。
手に収まるほどの大きさですが、目に見えて変化が感じられ、育てる楽しみが広がります。
夏の暑さに強いのも魅力の一つです。

 

 

 

 

 

夏へ向かうこれからの季節、盆栽のお手入れで大切なのはお水やり。

 

バケツにお水をため、鉢のまま根本をしっかりと浸してあげる方法、水差しで鉢の底からお水が出るまでたっぷりとお水をあげる方法
ご自宅のスペースにあわせ、どちらの方法でも。

 

 

榊麻美植物研究所の榊さんよりご用意いただいた詳しいお手入れ方法も、ご購入時に盆栽と共にお渡ししています。

 

 

 

 

 

毎日植物に触れお手入れする事で、同時に生活のリズムも自然と整っていきそうです。
どうぞ店頭でご覧ください。
お取扱い店舗 / 吉祥寺・自由が丘・二子玉川・銀座・山梨
※店舗によりお取扱いの植物が異なります。 お取扱い状況は各店までお問い合わせ下さい。