日に日に暑さも増してまいりました。

 

夏の盛り、葉月 昼のお膳をご紹介いたします。

旬の一皿、揚げちりめんと長芋、甲州地どりの冷製茶碗蒸し、

旬菜冷やし鉢、梨北米、なめこの味噌汁

2,200円(+税)

 

 

今月の旬の一皿は、鴨肉や和牛、甲斐サーモンをふんだんに使用した一品

一口サイズで、それぞれの味わいをゆっくりお楽しみいただけます。

 

冷製茶碗蒸しは、甲州地どりの卵を使用した濃厚な味わい

彩りの青ゆずの爽やかさが夏に合います。

 

 

一汁三菜を基本としたお食事とともに、炭酸が涼しいジュースもご用意いたしております。

 

今回の旬のジュースは、ぶどうジャムのソーダ割り

赤みがかったぶどうの果肉を砂糖と煮詰めたジャム

そこにレモンの酸味をアクセントに加えた

彩り鮮やかなジュースです。

 

昼のお膳とご一緒に、こちらのジュースもお楽しみいただけます。

 

涼やかな店内で、ごゆっくり夏のひと時をお過ごしください。

 

 

また、evam eva yamanashi では8月営業日に変更がございます。

 

8月13日(日) 味 夜営業あり(~21:30)

8月17日(木) 全館 臨時休業

 

ご迷惑をお掛けいたしますが、お間違いのないよう宜しくお願い致します。


 

 

evam eva yamanashi で迎える はじめての夏

 
29.30日と夏祭りを開催いたしました

 

 

 

 

終日、大勢の方にお越しいただきました

 

 

木漏れ日の中、外でいただくお食事
竹林を眺めながら茶房でいただく、夏のお茶菓子
作家さんと直接お話する貴重な時間
庭を走り回る子供達、ゆっくりとハンモックにゆられるご夫婦

 

ご家族やお友達が集い、それぞれが過ごす夏のひととき

 
賑やかな夏祭りとなりました

 

 

 

 

29日には、子供向けと大人向けの線香花火づくりが行われました

 
簡単そうにみえて、実はとても難しい線香花火づくり

 
子供達も大人の方も、黙々と作業に集中されていました

 

 

 

 

 

 

咲き誇り散っていく儚い火花を作るには、繊細な技術が必要とされます

 
ものづくりを体験することで 和火師 佐々木 厳さんの技と想い、
そして改めて、日本の伝統である線香花火の美しさを知る機会となりました

 

 

 

 

 

 

30日は、榊麻美植物研究所による盆栽づくり。

 

 

 

 

 

土作りからはじまり、お好きな植物を選び、鉢に寄せ植えて苔をはりつけていきます

 

 

植物をきちんと育てられるか不安な方もいらっしゃいましたが
土に触れ、植物を知り、自分の手で作ることで、愛着がより一層わき、
みなさまの表情も明るく、盆栽を大切そうに持ち帰られる姿が印象的でした

 

 

 

 

 

 

 

県内や遠方からお越しいただいた方
ご縁が繋がり、ご協力いただいた出店者の方
みなさま、ご参加ありがとうございました

 

 

 

evam eva yamanashi で感じてもらえる四季

 
人とものが 出会う場

 

 

 

そんなイベントを今後も開催していきたいと思っております

 

 

 

 

 

 

 


蝉の声鳴り響く、夏空の下

明日、明後日の2日間にわたり開催される夏祭り

 

これまで紹介してきた出店の他に、

evam eva yamanashiでは、地元で採れた新鮮な野菜や、果物を販売いたします。

 

2個入り 900円

 

山梨県韮崎市新府で採れた

熟す前の固い桃

 

桃の産地ならではの、さっぱりとした甘さと噛みごたえ

 

暑い夏によく合う、爽やかな口当たりです。

 

 

また、新鮮な野菜は、山梨県甲州市マル神農園で採れたもの

 

無農薬で作られた野菜は、味も濃く、彩り鮮やかなのが特徴です。

 

 

たっぷり日差しを浴びて育った旬の野菜と、桃

 

豊かな自然に囲まれた、ここ山梨の美味しいものを

どうぞお手に取ってみてください。