青展期間中、形では藍染めの和紙、そしてその和紙で仕立てた団扇が並んでいます。

 

 

 

本美濃和紙
1,296yen

 

山梨県にある、杉山江見堂で手染めした本美濃和紙。

 

インド藍をつかい、絞りや折りなど、さまざまな技法で染めた青。
ムラやにじみによって生まれる揺らぎは、手染めならではの表情。

 

ひとつとして同じものはない自然の美しい色合いです。

 

額に入れて飾ったり、ラッピングなどに。

 
そしてその和紙をつかい、団扇を作りました。

 

 

2,700yen(tax in)

 

藍は陽にさらされて時が経つと、色合いが変わります。

 

淡くなり、味わい深く。

 

色を育てるように、うつろう青をおたのしみください。

 

贈り物にもおすすめです。

 

 

これからの季節に映える青。

ぜひお手に取ってご覧ください。

 

 

 

 


2017-04-20青展

 

形 は、明日21日から直営店で始まる青展にあわせた空間に変わります。

 

 

 

 

藍染めの服 団扇 日傘 座布団 など、限定のアイテムが並びます。

 

 

 

団扇に使用している和紙。

さまざまな染め方で染め、展示販売もいたします。

 

 

30日には本藍染めのワークショップを行います。

 

これからの陽射しに映える青。

 

汚れて着れなくなってしまったもの、色褪せてしまった大切な洋服を
もう一度愛着をもって着られる1枚へと、藍で染め直します。

 

自分だけのオリジナルの青を染めに、ご参加をお待ちしています。

 

 

■本藍染めワークショップ

4月30日(日)

会場 evam eva yamanashi 形
時間 11:00~ / 14:00~
料金 6,000円 +tax(1drink付)

 

詳細 → WORK SHOP 本藍染め

 

 

外からは鳥の囀りが聞こえ、木々が芽吹き、初夏を想わせる風が吹き込み、

心地よい時間を過ごせる場所です。

 

どうぞ足をのばして、お立ち寄りください。

青展は5月7日まで行います。

 

 


2017-04-15昼のお膳

 

今の時季、味でご用意している昼のお膳をご紹介いたします。

 

 


主菜 椀 小鉢 ご飯 汁物
2,200円

 

山梨県産を中心に、できるだけ身近な旬の食材をつかい、
素材の味を活かした味付け。

 

食べやすく、小さなサイズで並べ、さまざまな風味をお楽しみいただけます。

 

ひとつのお膳で、春らしさを存分に味わえる献立。
お食事に合わせて、いくつかのお酒もご用意しています。

 

山梨県産のワイン、日本酒など、和食にあう品揃え。
そして食後のお飲み物を付けていただくと甘味と合わせてご用意いたします。

 

 

 

 

 

例えば抹茶と水羊羹。

抹茶は茶房でひと椀ずつ点て、落雁を添えて。

口どけのよい、瑞々しい羊羹。甘すぎずさっぱりとした後味です。

 

 

 

タイミングにより、茶房に移動していただいてお召し上がりいただけます。

 
四角に縁どられた窓の向こうの青竹を見ながら、
ゆっくりと流れる時間をお愉しみください。