大寒も終わり近く、

春隣りの頃

 

 

 

 

 

 

如月のお食事のご紹介です

 

 

 

 

 

昼のお食事  2,500円(税抜)

 

 

里芋のみたらし

ブロッコリーと長芋 ジュレ掛け

うどと八朔のマリネ

菜の花と焼き蓮根の白和え

 

湧水鱒の粕漬け

 

鶏の白菜ロール巻き

 

ごはん

あおさの味噌汁

香の物

 

一口甘味

 

 

 

 

 

 

前菜

 

 

蓮根や長芋のシャキシャキとした食感や

八朔のさわやかな酸味など

 

春薫る前菜です

 

 

 

 

 

湧水鱒は粕漬けに

 

ほのかな酒粕の風味が

鱒の味をいっそう引き立てます

 

 

 

 

 

鮮やかな白菜は

国産鶏を包んで蒸し上げました

 

食感と香りのアクセントに

庭で採れたふきのとうのフリットをのせて

 

 

 

 

 

 

県産米を使用した白米と、あおさの味噌汁、香の物を合わせた

如月 昼の一膳です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜のコース料理

 

 

 

 

上品な甘みのゆり根のポタージュスープをお召し上がりいただいたあとは、

季節の前菜にて4種ほどお愉しみいただけます

 

 

 

 

 

 

続いて、湧水鱒と白菜のミルフィーユ仕立て

 

白菜の甘みと、鱒の旨みがバランスよく調和した 繊細な一皿です

 

 

 

 

 

 

メインは富士桜ポークの粕漬け

 

花わさびの醤油漬けとともにお召し上がりください

 

 

 

 

 

今月の土鍋ごはんは、菜の花と桜海老の炊き込みご飯(+500円)

*通常は白米となります

 

 

 

 

 

 

 

桜海老の豊かな香りとともに、

春の味覚 菜の花をごはんとともにお愉しみいただけます

 

 

 

 

食後は、お茶と甘味をご用意いたしております

 

 

 

 

 

 

 

*仕入れにより内容が変更になる場合がございます

ご了承ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭先では枯葉の中から

ふきのとうが顔を出し始めました

 

暖冬の中

早めの春の兆しが見られるこの頃

 

 

みなさまのご来店、ご予約を心よりお待ち申し上げます

 

 

 

evam eva yamanashi 味

山梨県中央市関原885

水曜定休、火曜夜休業

055-267-8342

aji@evameva.com

 

 

 

 


 

 

EVENT

 

 

evam eva yamanashi 3周年記念ライブ

 

 

evam eva × haruka nakamura

 

明けの星が相共に歌うとき

 

 

2020年3月14日(土)、15日(日)

 

 

 

 

 

 

 

 

物語は山梨から

 

 

 

2010年の冬より、evam eva の展示演奏会を

gallery TRAXで毎年のように共に作らせていただき、回を重ねました

 

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよevam eva の本拠地・山梨に ‘ 家 ’ となるような場所

evam eva yamanashi が完成

 

完成を記念した演奏会に合わせて、

その場所で制作録音したコラボレーションアルバム『ゆくさき』を創作

evam eva との積み重ねてきた時間の、ひとつの「形」となりました

 

 

 

 

 

 

 

それから全国を旅して、様々な土地のevam eva に行くと、

いつも『ゆくさき』が流れていて、あの山梨の光景を思い出させてくれます

 

 

 

 

 

 

あれから3年

 

「ゆくさき」のその先へ

 

 

evam eva yamanashi の3周年を記念した演奏会を行います

 

今度はこの3年間音楽を共にしてきた仲間と奏でます

evam eva では初めて音楽をするLUCAとMaika、2人の歌い手

そして、前回も録音を担当してくれた山梨在住の音楽家・田辺玄が

録音とギターで参加してくれます

 

 

今回は特別なもう一つの物語

時を同じくgallery TRAXで展示を重ねてきた写真家の川内倫子さんと、

彼女がこれまで山梨で撮影していた風景とピアノとインスタレーションライブも行います

 

川内倫子さんは今回参加するMaika(baobab)とのアルバム『カナタ』で

アートワークを手掛けていただいたばかり

 

そして、evam eva とはこれが初めての共演となります

 

 

 

山梨を中心としたいくつかの物語が、この3周年を記念してひとつの時間になりそうです

音楽をしていてこのような物語の一篇に交れたことに、深く感謝します

 

 

 

haruka nakamura

 

 

 

 

 

 

©Rinko Kawauchi

 

 

 

出演

 

haruka nakamura.  ピアノと歌

LUCA.  歌

Maika(baobab).  フィドルと歌

田辺玄.  ギター

川内倫子.  写真

 

 

日時

2020年3月14日(土、3月15日(日) 両日満席となりました

開場 16:30 / 開演 17:30

 

料金

5,000円(+税)

 

会場

evam eva yamanashi 形

 

 

予約方法

 

▽2月1日(土)よりメールにて受付開始

*2月1日以前にお送りいただいたメールは受付不可となりますのでご了承ください

 

件名「ライブ申し込み」、お名前、電話番号、ご予約人数、

ご希望の日程(第二希望まで可)を下記のアドレスまでご連絡ください

メールはこちら→event@evameva.com

 

 

*本公演は、ときに静寂を伴う公演となりますので、未就学児のご入場はご検討ください

*ご予約の方は、代金先払いとさせていただきますので、

aメールにてお振込み先をお知らせいたします

aお振込みが完了するまでは予約確定となりませんので、ご留意ください

*チケットご購入後のお客様の都合による変更・キャンセルは受付かねます

*チケットはこちらからお送りする返信メールにて発行いたします

*入場者数には限りがございます

a予約が定員となり次第締め切らせていただきます

aその場合、当日券の発行はいたしません

 

 

 

 

 

 

profile

 

 

 

 

haruka nakamura

 

音楽家/青森出身

ソロ名義の他、PIANO ENSEMBLEなど様々なユニットで多数オリジナル・アルバムを発表。

CM、WEB、TV番組など数多くの楽曲制作、プロデュース等を手掛ける。

evam eva とは山梨のgallery TRAXの展示演奏会を何年も重ね、

evam eva yamanashi が完成した折に、ギャラリー形にて、

その場所で制作録音したコラボレーションアルバム『ゆくさき』をつくる。

https://www.harukanakamura.com/

 

 

 

LUCA

 

シンガーソングライター/カリフォルニア州バークレー出身

2015年に自身のファーストアルバム『So, I began』をリリース。

haruka nakamuraをはじめとして、さまざまなアーティストとコラボレーションを重ね、

現在は拠点を東京に置き活動中。

https://www.lucadelphi.com/

 

 

 

 

Maika(baobab)

 

東京都出身。

幼いころから音楽に多く触れる環境で育つ。

アイリッシュ音楽に強く惹かれ、ヴァイオリンを中学2年からはじめる。

古楽では歌、レベック、フィーデル(中世フィドル)を担当。

https://www.baobab-csf.com/

 

 

 

 

田辺玄

 

山梨県出身。Studio Camel House 主宰。

レコーディングエンジニアとしての活動の他、映像や空間の

サウンドデザイン等、音を通じて人や場と関わり制作を続けている。

http://studiocamelhouse.com/

 

 

 

川内倫子

 

写真家/滋賀県出身

2002年『うたたね』『花火』で第27回木村伊兵衛写真賞を受賞。

以後、個展・グループ展を多数開催し、日本各地の他、

パリ・ニューヨーク・ロンドンなど国外でも活躍。

http://rinkokawauchi.com/

 

 

 

 

 

 

evam eva yamanashi

山梨県中央市関原885|水曜定休

11:00-19:00

055-267-8341

 

 

 


 

EVENT

 

 

evam eva yamanashi 3周年記念ライブ

 

evam eva × haruka nakamura

「明けの星が相共に歌うとき」

 

 

2020年3月14日(土)、15日(日)

 

 

 

Ⓒ Rinko Kawauchi

 

 

 

 

 

門を開いてまもなく

この地に響きわたった「ゆくさきの光」

 

あれから3年の月日を重ね、

再びこの場所から 音楽が生まれます

 

 

 

haruka nakamura,LUCA,Maika(baobab),田辺玄

をお迎えしての特別なライブ

 

そして、写真家・川内倫子氏ご参加のもと、

山梨で撮影された景色も会の中で上映いたします

 

 

 

たえず巡る季節の一瞬 この’とき’を織り成す

歌と演奏、そして映像をお愉しみください

 

 

 

 

 

 

出演

 

haruka nakamura.ピアノと歌

LUCA.

Maika(baobab).フィドルと歌

田辺玄.ギター

川内倫子.写真

 

 

 

日時

2020年3月14日(土)、3月15日(日) 両日満席となりました 

 

開場 16:30 / 開演 17:30

 

料金

5,000円(+税)

 

会場

evam eva yamanashi 形

 

予約方法

▽2月1日(土)よりメールにて受付開始

件名「ライブ申し込み」、お名前、電話番号、ご予約人数、

ご希望の日(第二希望まで可)を下記のアドレスまでご連絡ください

メールはこちらから→event@evameva.com

 

 

*本公演は、ときに静寂を伴う公演となりますので、

a未就学児のご入場はご検討ください

 

*ご予約の方は、代金先払いとさせていただきますので、

aメールにてお振込み先をお知らせいたします

aお振込みが完了するまでは予約確定となりませんので、ご留意ください

 

*チケットご購入後のお客様の都合による変更・キャンセルは受付かねます

 

*チケットはこちらからお送りする返信メールにて発行いたします

 

*入場者数には限りがございます

a予約が定員となり次第締め切らせていただきます

aその場合、当日券の発行はいたしません

 

 

 

 

 

 

profile

 

 

 

 

haruka nakamura

 

音楽家/青森出身

ソロ名義の他、PIANO ENSEMBLEなど様々なユニットで

多数オリジナル・アルバムを発表。

CM、WEB、TV番組など数多くの楽曲制作、

プロデュース等を手掛ける。

https://www.harukanakamura.com/

 

 

 

 

LUCA

 

シンガーソングライター/

カリフォルニア州バークレー出身

2015年に自身のファーストアルバム『So, I began』をリリース。

haruka nakamuraをはじめとして、さまざまなアーティストと

コラボレーションを重ね、現在は拠点を東京に置き活動中。

https://www.lucadelphi.com/

 

 

 

 

Maika(baobab)

 

東京都出身。

幼いころから音楽に多く触れる環境で育つ。

アイリッシュ音楽に強く惹かれ、ヴァイオリンを中学2年からはじめる。

古楽では歌、レベック、フィーデル(中世フィドル)を担当。

https://www.baobab-csf.com/

 

 

 

 

田辺玄

 

山梨県出身。Studio Camel House 主宰。

レコーディングエンジニアとしての活動の他、映像や空間の

サウンドデザイン等、音を通じて人や場と関わり制作を続けている。

http://studiocamelhouse.com/

 

 

 

川内倫子

 

写真家/滋賀県出身

2002年『うたたね』『花火』で第27回木村伊兵衛写真賞を受賞。

以後、個展・グループ展を多数開催し、日本各地の他、

パリ・ニューヨーク・ロンドンなど国外でも活躍。

http://rinkokawauchi.com/

 

 

 

 

 

 

evam eva yamanashi

山梨県中央市関原885|水曜定休

11:00-19:00

055-267-8341