昨日25日に、evam eva yamanashiがオープンし、
その門を開きました。

 

 

 

「色」「味」「形」の3棟から成るevam eva yamanashi。

 

 

服を販売する 「色」

 

 

縦に長く取られた窓。

 

 

天井から放射状に延びる木のしつらえ。

自然光が入り、繊細な色合いが映えます。

 

 

 

「色」限定のオーデコロン。

 

 

山梨の自然を感じる落ち着いた深みのある香りです。

シダーウッド、ラベンダーなどをブレンドして作りました。

 

 

レストラン棟「味」
食事を提供するスペースの奥には茶房をご用意しています。

 

 

 

カウンター席で竹藪を目にしながらゆっくりとお茶の時間を。

 

今の季節は甘味のひとつに、わらび餅をご提供しています。

 

 

 

本わらび粉を使った、甘さ控えめのわらび餅。

口溶けがよく、さらりとした舌触りです。

 

お茶の他、コーヒーにも合わせていただけるように、「味」のために作られました。

 

目で見て、香りを愉しみ、味を、音を、五感をつかってお愉しみください。

 

 

 

明るさを抑えた、落ち着いた光の入る空間です。

 

 

そしてギャラリー棟「形」

 

 

蔵のあった場所に、蔵をイメージした外観の棟。
大きな扉をゆっくりと開けば、外と中がつながりひとつの空間に。

 

 

 

 

現在は常設で木のトレイやCD、写真集などを置いています。

 

 

棟と棟の間には小路があり、四季折々さまざまな花が咲き、
散歩ができる場所です。

1日をゆっくりと過ごすことができる空間。
お一人で、ご友人と、ご家族と、大切な人と。

 

みなさまのお越しをお待ち申しあげております。

 

 

 

 

 


 

明日、3月25日にオープンするevam eva yamanashi。

ギャラリー「形」では、日々の生活を彩るさまざまな暮らしまわりの もの をお取扱いいたします。

 

 

 

 

井藤昌志  Ifuji Masashi

木工作家であり、長野県「LABORATORIO」の主宰者。

 

テーブル スツール トレイ OVAL BOX

 

機能を兼ね備えつつ、すっきりと削ぎ落とされたシルエット。

素材が引き立つシンプルな佇まいです。

 

 

 

 

菜と果 / セトキョウコ na to ka / seto kyoko

季節野菜を多く使った心とからだにやさしい料理。料理家。

 

キウイフルーツとりんごのジャム

4種のシトラスジャム

ふきのとうのソース

レモンケーキ

 

3種類の瓶詰め。そして以前にも直営店で販売しご好評いただいたレモンのケーキ。

ジャムはパンなどに添えたり、炭酸割りにするのもおすすめです。

ソースは生野菜や蒸し鶏に添えたり、パスタにも合います。

 

 

 

 

 

haruka nakamura

ピアノやギターを中心とした音楽家。

 

「FOLKLORE」 「音楽のある風景」

 

回想的で静かな抑揚  風景 を思わせる音

4月8日には、青木隼人さんとのユニット FOLKLORE に内田輝さんを迎え、
公開録音のライブを行っていただきます。

 

 

 

 

青木隼人  Aoki Hayato

ギターを中心とした音楽家。

 

「FOLKLORE」 「 atelier」  「atelierⅡ」

 

何気ない会話や空気感を音にしたような、心地よい旋律。

自然に溶け込みながらも、日々に彩りを与えてくれます。

 

 

 

 

 

 

津田直 Tsuda Nao

写真家。ランドスケープの写真作品が中心。

 

写真集「漕」「ribute from green forest」

 

自然と人との関わりを感じさせられる写真。

静かな佇まいの中に、儚さや力強さなどさまざまな言葉が連想されます。

 

 

 

また改めて詳しくご紹介いたします。

 

 

明日より、門を開いてお待ちしています。

 

 

 


2017-03-20お茶

 

evam eva yamanashi 味 では、ゆっくりと流れる時間とともに、お茶をお愉しみいただけます。

 

お茶は、櫻井焙茶研究所の櫻井さんにセレクトしていただき、
オープン前の「味」にてレクチャーを行っていただきました。

 

 

 

 

新芽を丁寧に手摘みした煎茶。

香ばしさと、甘く高い香りをもった ほうじ茶。

 

ほうじ茶は、櫻井焙茶研究所で焙煎されたもの。

 

そのほか、お抹茶もご用意いたします。

 

 

 

 

鉄釜でお湯を沸かし、一杯ずつ淹れるお茶。

 

 

お湯が急須に注がれ、急須から茶碗に注がれる様は、
味や香りだけでなく、音や色など、五感をつかって愉しむことができます。

 

それは変わりゆく日々の中で、あらためて心を落ち着けて、癒す時間。

 

 

ものづくりの原点である山梨ではじまる もの こと そして ’とき’。

 

‘はじまり’をイメージして、

evam evaオリジナルのお茶をブレンドしていただきました。

 

 

玉緑茶をベースに、お店の周りでも自生する黒文字、ブルーベリーの葉などをブレンドした、
森林の香り、スパイシーさ、爽やかな柑橘の香りを持ったお茶です。

 

 

お茶は、お食事中にも、茶房でもご提供いたします。

また、パッケージされたものをお求めいただくこともできます。

 

 

窓の外には竹藪、遠くに目をうつすと連なる山々が臨める茶房で、
evam evaが提案する’とき’をお愉しみください。

 

evam eva yamanashi 味 は3月25日オープンです。

 

 

 

 

 

 


30 / 32« 先頭...1020...2829 303132