2019 春夏 カタログ出来上がりました

 

 

 

風をはらみ 舞う

 

 

やわらかく  繊細に

 

そして力強く

 

 

 

 

 

 

どうぞお手に取ってご覧ください

 

 

 

 

 

カタログは、店頭でご購入いただいた方に差し上げています

 

カタログのみご希望の方は、下記住所までカタログご希望の旨と

お名前、ご住所をお書き添えの上、310円分の切手(62円×5枚)をお送りください

 

 

順次発送させていただきます

 

 

 

 

 

尚、数に限りがございますので、なくなり次第終了とさせていただきます

予めご了承いただきますようお願い申し上げます

 

 

〒107-0062

東京都港区南青山5-17-6-106

evam eva 宛

 

 

 

 


 

 

 

迎える立春を前に 日に日に膨らむ梅の蕾

 

 

 

 

 

 

如月 お食事のご紹介です

 

 

昼 2,500円(税別)

 

 

 

 

 

今の季節が旬の大根や蓮根

根野菜の風味そのままに丁寧に手を掛け、味わい引き立たせます

 

柔らかく甘い春キャベツは、県産の湧水鱒とミルフィーユ仕立てに

ゆっくりと蒸すことで舌触りふんわりと、食材のうまみを濃く感じられます

 

 

 

 

 

一膳で味わう 冬から春にかけての素材

 

 

 

 

 

食後は一口甘味をご用意いたしております

ふっと一息おけるハーブティーとともに、甘酸っぱい爽やかな金柑のゼリー

 

 

 

お席の状況により、奥の茶房にて食後のお時間を過ごしていただくことも可能です

 

 

 

 

 

 

 

 

夜 コース料理 5,500円(税別)

 

 

 

 

百合根のやさしい味わいのスープ

 

 

古くから和漢の薬用として食されてきた百合根

お食事前の冷えた身体をあたためます

 

 

 

 

 

 

 

 

前菜、魚料理と続いたあとは、メインの富士桜ポークのソテー

 

きめ細やかで柔らかな富士桜ポークは、噛むごとに甘味が増します

 

 

 

 

 

岩塩や香味しょうゆとご一緒にお召し上がりください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の季節のご飯は、桜海老と菜種の炊き込みご飯

 

蓋を開けた瞬間に広がる湯気と、桜海老の香りが食欲をそそります

 

 

 

 

 

 

ぜひご賞味ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜はご紹介いたしましたコース料理のほかに、3,500円のお食事もございます

それぞれの詳細な内容に関しましては、下記お問い合わせ先よりご連絡ください

 

 

 

 

 

みなさまのご来店を心よりお待ちしております

 

*仕入れにより、一部内容が変更になる場合がございます

ご了承ください

 

 

 

 

—–

evam eva yamanashi 味

山梨県中央市関原885

tel. 055-267-8342

mail. aji@evameva.com

 

水曜定休、火曜夜休業

 

 

 

 


 

春隣り

 

寒さの中にも少しずつ あたたかな春の兆しを感じます

 

 

 

 

来月16日(土)より、漆工 杉田明彦氏の個展を開催いたします

 

 

 

 

 

奥深い色合いと

あああああマットな質感

 

 

独特な佇まいのうつわは、

 

使い手に余白を残し 日々を彩ります

 

 

 

 

 

 

「漆工 杉田明彦個展」

 

 

日時   2月16日(土)_ 25日(月)

あああああ11:00_19:00

会場   evam eva yamanashi 形 *水曜定休

あああああ山梨県中央市関原885

 

在廊日  2月16日(土)

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルな形と、古物を想わせる杉田氏のうつわ

 

マットな質感は暮らしの中に溶け込み、使い込むごとに味わいが増します

 

 

 

そして置くだけでその場の空気感が変わるような作品性

 

上品な色合いと独特のテクスチャーが、凛と場を設えます

 

 

 

 

 

 

和にとどまらない、杉田明彦氏の漆の世界にどうぞ足をお運びください

 

 

 

 

—–

杉田明彦 / 漆工

 

1978年東京都文京区生まれ

学習院大学文学部を中退。手打ち蕎麦店での修行中、塗師・赤木明登氏の作品に出合い、07年に輪島へ。

赤木氏の下で修業ののち、13年に独立。

翌年より金沢にて活動。

 

http://www.sugitaakihiko.com/