春隣り

 

寒さの中にも少しずつ あたたかな春の兆しを感じます

 

 

 

 

来月16日(土)より、漆工 杉田明彦氏の個展を開催いたします

 

 

 

 

 

奥深い色合いと

あああああマットな質感

 

 

独特な佇まいのうつわは、

 

使い手に余白を残し 日々を彩ります

 

 

 

 

 

 

「漆工 杉田明彦個展」

 

 

日時   2月16日(土)_ 25日(月)

あああああ11:00_19:00

会場   evam eva yamanashi 形 *水曜定休

あああああ山梨県中央市関原885

 

在廊日  2月16日(土)

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルな形と、古物を想わせる杉田氏のうつわ

 

マットな質感は暮らしの中に溶け込み、使い込むごとに味わいが増します

 

 

 

そして置くだけでその場の空気感が変わるような作品性

 

上品な色合いと独特のテクスチャーが、凛と場を設えます

 

 

 

 

 

 

和にとどまらない、杉田明彦氏の漆の世界にどうぞ足をお運びください

 

 

 

 

—–

杉田明彦 / 漆工

 

1978年東京都文京区生まれ

学習院大学文学部を中退。手打ち蕎麦店での修行中、塗師・赤木明登氏の作品に出合い、07年に輪島へ。

赤木氏の下で修業ののち、13年に独立。

翌年より金沢にて活動。

 

http://www.sugitaakihiko.com/

 

 

 


 

 

大寒

 

寒さの中にも、春の気配を感じるのこの時季

 

 

 

 

今週末より始まります 旬のいちごをふんだんに使用した季節のパフェのご紹介です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節のパフェ   1,500円(税抜)

 

 

 

 

 

赤々とした いちご

 

生クリームやバニラアイスのやわらかな白さ

 

 

 

グラデーションうつくしい スパークリングワインのジュレ

 

 

 

 

それぞれの甘さ、香り、酸味がゆっくりと混ざり、溶け合います

 

 

ミントのクランブルやパイ生地は、食感のアクセントに

 

 

 

 

 

 

 

 

春を待つ 冬のこの時季

 

心地よい静けさが包む茶房で 旬の甘味をお召し上がりください

 

 

 

 

 

 


 

 

 

正月 松の内を終えた先日、地域でどんど焼きが行われました

 

 

 

 

 

無病息災、家内安全を祈願する日本に古くから伝わる行事

 

 

 

役目を終えた正月飾りやお神札を燃やし、その火で焼いたお団子を食べると

一年病気をしないと言い伝えられているそう

 

 

 

 

 

 

目の前で大きく燃え上がる炎

 

古より脈々と続く日本の文化、自然に対する畏敬の念を改めて感じました

 

 

 

 

 

 

また、どんど焼きは、高く昇る煙に乗せて歳神さまを天へお送りする

という意味も込められています

 

 

 

 

 

小雨の降る中、ご近所の方たちも多く集まり賑やかなうちに執り行われました

 

 

 

 

今年一年、平穏無事に過ごせるようにと祈りを込めて

 

 

 

 

 

 


2 / 661 2345...102030... 最後 »