2018-09-13塗師・赤木明登個展  / 能登

 

 

今月29日(土)より開催する、塗師・赤木明登さんの個展

like a stone

 

 

夏の盛り

個展開催にあたり、赤木さんの工房を伺いました

 

 

 

 

 

豊かな自然に囲まれた、石川県輪島にある工房

7人のスタッフとともに、日々作品を制作されています

 

 

 

 

 

ガラス土の向こうは一面の緑

自然の移ろいを感じながら作業に向き合う姿は清々しく目に映ります

 

 

 

ハレの日のための漆器ではなく、日々の生活を共にするぬりもの

 

 

 

日常使いでも痛みにくく

触れて柔らかなうつわが赤木さんが制作するぬりものの特徴です

 

 

 

 

数種類の漆を使用し、塗って、つけて、研いで、つけて、研いで、、、

を繰り返して形を成形していきます

制作途中のたくさんのうつわが、次の工程を待ち、きれいに並べられています

 

仕上げの塗りの際は、空気中のほこりにも注意を払い、掃除は念入りに

 

繊細で根気のいる作業に、漆器の奥深い美しさを感じました

 

 

 

 

 

本展のテーマは「自然の摂理」

 

 

 

海底を転がり、風に晒され、形成された大小さまざまな石ころ

 

一つとして同じものはない 自然の造形の美しさに

想いを馳せるとき

 

 

 

 

 

無数にある石の中から目に留まった石ころを工房へと運び

象り、中塗りをして水漏れしないよう漆が施されます

 

それぞれに表情の違う仕上がり

花入れとして身近に自然をもたらしてくれるぬりものとなります

 

 

 

石丸皿も本展に向けて制作途中

 

赤木さんご自宅のテラスに並べて光と影も楽しみました

 

 

 

 

 

自然とともに生まれた 赤木さんの作品

 

そのどれもに意味や由来があり

静かに、何かを語りかけるように佇んでいました

 

それは、木々のようであり、太陽のようであり、石ころのように当然とそこに在りながら

私たちの暮らしを豊かにする美しさを持っています

 

 

 

like a stone

 

私は石ころになりたい と赤木さん

そのお人柄が漆ににじみ、塗り込まれているように感じた 実り多き能登の旅でした

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、この機会に赤木さんのうつわに触れてみてはいかがでしょうか

 

 

 

「赤木明登個展 like a stone」

2018年9月29日(土)― 10月15日(月) 11:00-19:00 水曜定休

会場 evam eva yamanashi 形

 

お問い合わせ先/ 055-267-8341